木造建物構造計算の案内

耐震補強技術

< はじめに >
当事務所では、意匠設計事務所、工務店、ハウスメーカー、プレカットメーカー様からの木造構造計算のご検討依頼をお受けしてます。
業務内容としては、在来軸組工法による「4階建て木造建物」「中大規模木造建物やトラス等を用いた建物」構造計算 、木造柱梁接合部を半剛接合とした 「木造ラーメン架構」及び「CLTパネル工法の構造計算、
また、在来軸組工法は構造設計ルート3(保有水平耐力検討)までの構造計算と致します。
なお、、中大規模木造建物やトラス等を用いた建物、木造耐火構造の扱いとなる建物の構造設計に当たっては、実施設計時の変更等を少なくする意味からも計画段階からの構造的な打ち合わせをお願い致します。
お見積りの依頼につきましては下記の木造2階建て3,4階建てリンクページを参照して頂き「お問い合わせ」よりご連絡をお願い致します。


< 在来軸組工法用概算壁量検討Excel版公開>
・概算壁量検討Excelシートへリンク

<在来軸組工法計算・金物工法の案内>
「木造平屋、2階建て構造計算ご案内」
「木造3階、4階建て構造計算ご案内」

< 在来木造構造計算依頼作成シート >
・2階建て用シート
・3階建て用シート
※シートにつきましてはエクセルデータが御座いますので設計依頼時にお問い合わせください。

< 各種取扱い木造架構の設計 >
1、木造在来軸組工法・金物工法の設計
「業務」
・一般住宅から中大規模木造施設等(事務所、店舗、倉庫、教育施設、老人施設など)
・集会施設や運動施設等の空間を必要とする施設等
・木造在来軸組工法「4階建て建物」までの構造計算(構造設計ルート3「保有水平耐力の検討」の範囲内)
・木造軸組金物工法
・木造ラーメンフレーム併用による在来軸組工法の構造設計(構造設計ルート2の範囲内)
・建物の床段差30cm以内、又は、30cm越えるスキップフロアーを有する建物の構造計算
・複数層にまたがる上り梁を有する建物の構造計算
・平面形状が凹凸、斜めフレーム架構の有する建物の構造計算
・制振装置を用い揺れを抑えた建物の設計
・住宅性能表示おける耐震等級の検討
・2x4工法「ツーバイフォー」建物の構造設計
・構造計算書・構造図面の作成と確認申請時の質疑対応
・工事監理については条件等によりお請け致します。

 「その他」
・納期については打ち合わせによる。(各共通)
・納品についてはPDFデータでの提出とさせて頂きます。(各共通)
・お支払いにつきましては、初回の依頼時のみ納品後7日以内、二回目以降の依頼については1か月以内と
 させて頂きます。
 なお、4階建て 又は 500㎡を超える中大規模木造建物のについてはご相談によります。(各共通)
・設計開始後における計画変更につきましては追加変更料金が発生する場合が御座います。(各共通)

※構造設計ルート2までの検討範囲と構造設計ルート3(保有水平耐力の検討)との大きな違い
 構造設計ルート2までの建物検討においては、構造計算検討において剛性率及び偏心率の値が規定範囲内数値を
 満足している事を確認する必要があり、この事は、建物の耐力壁配置において必要壁量を確保しながらバランス
 の良い耐力壁配置計画が求められます。
 構造設計ルート3(保有水平耐力の検討)おいては、ルート2の剛性率及び偏心率の値が規定範囲内数値を満足する
 必要性は無く、建物の必要壁量を確保しながら多少バランスの悪い耐力壁配置計画が可能となります。
 よって、基本的な建物計画とデザイン性を生かした設計への可能性が有ります。

<各画像から動画へリンクします>

耐震補強技術

2、中大規模木造構造の設計

耐震補強技術

 凡例 : 木造倉庫又は工場建物屋根トラス(スバーン L = 8.0~16.0m程度)
    老人福祉施設、学校、幼稚園等の屋根への採用も可能です。

耐震補強技術

凡例 : 木造店舗、事務所等への屋根、平行弦トラス(スバーン L =12.72m)採用

耐震補強技術

凡例 : 木造保育所教室棟、事務所棟屋根への張玄トラスの採用

※中大規模木造建物の構造設計依頼については、初期計画段階からの構造的な打ち合わせが必要となります。

※ 中大規模木造の利点
・税制面の償却期間については鉄筋コンクリート建物・鉄骨建物より短くなります。また、同規模のRC造や鉄骨造
 建物よりも建築施工費が押えられる事により固定資産税が低く押えられる事が考えられます。

「業務内容」
・事務所、店舗、倉庫、教育施設、老人施設などの構造計算 (基本的に構造設計ルート2範囲内)、構造図面の作成
・個別による屋根トラス部分のみの構造計算もお受け致します。
・確認申請時の質疑対応
・工事監理については条件等によりお請け致します。

※ 屋根トラスを用いた中大規模木造建物
・各種のトラス工法を用いた構造計画を行う事により大スパーンを確保した室内空間の設計が可能となります。
・ 凡 例
 屋根勾配及び荷重条件(積雪など)によりスバーン( L ) は異なります。
 屋根トラス工法・・・L=8.0~18.0 m 程度
 平行弦トラス工法・・L=8.0~14.0 m 程度
 張弦トラス工法・・・L=7.0~12.0m程度
・主に平屋建て事務所、店舗、倉庫、工場等の建物へ採用した設計が可能です。
 2階建て建物については、2階屋根への採用により広い空間を持つ部屋の計画も可能となります。
・一般的な在来軸組工法との併用も可能で、介護施設、集会施設などの広い集会室を持つ計画も可能となり ます。
・施工においてはRC造や鉄骨造建物よりも工期の短縮が見込めます。
  また、基礎部においては、より経済的な基礎工法の採用が可能となります。
・木材部材加工においては、プレカット工場による加工製作が可能です。

3、木造ラーメン架構の設計

「木造ラーメン構造建物」
・狭小敷地等の条件下での住宅や店舗、事務所棟の耐力壁の配置困難な建物計画に有利な工法です。
・木造の柱梁接合部を半剛接合としたラーメン構造による計算。
 (引きボルト式接剛、鋼板挿入ドリフトピン式接合、樹脂アンカー工法(GIR))
・在来軸組工法との設計において併用が可能です。
・設計は木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き(日本住宅・木材技術センター)木質構造
 設計基準・同解説、その他 (日本建築学会)の設計例に有る半剛接剛としたラーメン構造

「業務内容」
・計画段階からの構造的な打ち合わせ。
・構造設計ルート1又はルート2までと致します。
・構造計算書、構造図面の作成、確認申請時の質疑対応
・工事監理については別途料金と致します。

4、木造混構造建物の設計

「混構造建物」
・木造軸組工法 + 鉄骨構造(下階)の建物
・木造軸組工法 + 鉄筋コンクリート構造(下階)の建物
・木造軸組工法 + 地下階壁式構造
・杭基礎については別途割増料金となります。
・構造設計料金につきましては、その都度お見積りをさせて頂きます。

「業務内容」
・構造設計ルート2の範囲内までの構造計算と致します。
・構造計算書、構造図面の作成、確認申請時の質疑対応
・工事監理については別途料金と致します。


5、CLTパネル工法建物の設計

「業務内容」
・計画段階からの構造的な打ち合わせ。
・CLTパネル工法による建物の構造計算 (構造設計ルート1範囲内)
・共同住宅、店舗、事務所、介護・老人施設等
・構造計算書の作成と確認申請時の質疑対応
・工事監理については別途料金と致します。