ニュース一覧

足立区における既存住宅の耐震診断・耐震改修助成制度について

足立区では、昭和56年5月以前に建てられた住宅に耐震診断・耐震改修工事を行う場合、費用の一部を助成する事業制度を行っています。
当事務所では、耐震診断・耐震改修助成制度の申請 及び、既存建物解体除却の助成金制度への対応業務をお受けしています。
ご計画をお考えの方は 気軽にメールでお問合せ下さい。

足立区の助成金制度の詳しい情報については、下記の足立区のHPを参考にして下さい。
足立区耐震診断・耐震改修助成制度へリンク

2017年12月22日

「建築基準法の一部を改正する法律案」を閣議決定

∴木造4階建て時代の到来!!

「建築基準法の一部を改正する法律案」を閣議決定

(一部抜粋)
(3) 木造建築物の整備の推進
[1] 耐火構造等とすべき木造建築物の対象の見直し(高さ13m・軒高9m超 →高さ16m超・階数4 以上)
[2] [1]の規制を受ける場合についても、木材をそのまま見せる(あらわし)等の耐火構造以外の構造を可能とするよう基準を見直し等

2018年03月10日

「建築基準法施行令第四十六条第四項表(一)項から(七)項までの耐力壁の壁倍率の改正


「建築基準法施行令第四十六条第四項表(一)項から(七)項までの耐力壁の壁倍率の改正」

 改正内容について
  木造軸組に係る耐力壁関連の告示の改正 (この告示は交付日から施行)
  ・平成30年国土交通省告示第490号
  ・改正についての技術的助言
  ・構造用合板を用いた高壁率の軸図の仕様に係る注意喚起について

2018年03月27日

「平成30年国土交通省告示第80号」 保有水平耐力計算及び許容応力度等計算の方法を定める件の一部改正

 
 積雪後に降雨を見込んで割り増した積雪荷重による構造計算を行うよう告示の改正 
 この告示は平成31年1月15日から施行されます。

  改正内容
  ・平成30年国土交通省告示第80号の一部改正
  ・技術的助言
  ・積雪後に雨が降る事を考慮した積雪荷重の強化について
  

2018年03月27日

4号特例廃止について新たな動きが日弁連より有りました。


・日弁連が4号特例見直しを国に直談判

・日弁連からの「4号建築物に対する法規制の是正を求める意見書」

<日経 xTECH/日経ホームビルダーからの内容を抜粋>

「4号建築物についても、それ以外の建築物と同様に、常に構造計算を行うべきことを法的に義務付けるべきである」「仕様規定に適合すれば構造計算が免除される方法を残すのであれば、4号建築物に適用される仕様規定の定める技術的基準を全面的に改め、構造計算を行った場合と同等以上の構造安全性を確保できるようにすべきである」――。


意見書を作成した経緯について、日弁連消費者問題対策委員会土地・住宅部会幹事を務める神崎哲弁護士は、「シンポジウムでパネリストと議論を行い、4号建築物、とりわけ木造在来軸組み工法の建築物に対する法規制が不十分かつ、不適正なものにとどまっている実態が浮き彫りになった。我々の提言が的外れでないことも確信したため、部会内の意見ではなく日弁連の意見として社会に提言し、制度改革に向けて動いていくべきだと考えた」と話す。

 意見書では、建基法が4号建築物の構造計算を免除するだけでなく、建築確認や検査手続きで構造審査の免除ないし省略を認める、いわゆる4号特例が、欠陥住宅被害が生み出される温床になっていると指摘。「建築確認手続や中間検査・完了検査手続において例外なく構造安全性の審査や検査を行うものとし、(中略)建築確認申請時に構造関係の設計図書の添付を義務付けるべきである」とも訴えている。


・・・・・・・・・続く

2018年04月06日

在来軸組工法用概算壁量検討Excel版公開

試供版在来軸組工法概算壁量検討Excelシートを公開いたしました

・平屋建て用概算壁量検討シート
・2階建て用概算壁量検討シート
・3階建て用概算壁量検討シート

※建物初期計画時点において概算的な壁量のチェックを行う事で、実施設計時に大きな計画変更を
 避けることが出来るかと思います。
※2種類の耐力壁までを入力考慮が出来、許容応力度計算用の検討については概算的な層間変形角の
 検討が可能です。
※耐力壁配置についてはX方向、Y方向共にバランスよく配置することを前提と致します。
※検討シートの入力項目以外へ手を加えた場合には検討が出来なくなります。
※使用についての責任は利用者が一切の責任を負うこととし、販売目的には使用しないで下さい。 
 また、基本、使用に当たっての質疑・応答は受け付けません。 
※検討シートのVer-UP については不定期と致します。
※2019.05.20 2階、3階用の耐震等級が1階せん断力係数へ考慮されていなかったことの修正。

2019年04月28日