木構造テラス筋違実物大実験

タスキ掛け筋違と面材耐力壁の同時加力試験

 

実績

 

見学年月:2017年09月20日
見学地:神奈川県川崎市地内
試験場:ハウスプラス確認検査㈱

柱脚部ホールダウン金物

実績

 

柱脚金物:㈱ムロコーポレーション 150kN用 MSHD150 [ 短期許容耐力 151.15kN ]


加力後半途中の状況

実績

 

・圧縮筋違が面外に座屈し始めて来ている。
・面材耐力壁の足元が浮かび始めて来ている。

圧縮側筋違の面外座屈状況

実績

 

実験の結果、圧縮側筋違が面外座屈により終了し。ただし、面材耐力壁については
最大耐力まで到達しない状況で実験が終了した事は、設計時において筋かいと面材
耐力壁の評価を単に足し合わせで行って良いものなのか疑問に思える。
タスキ掛け筋違においては、告示規定の4倍の壁量耐力が確保されるのか疑問である。