2階建て在来軸組工法

2階床一部吹き抜けと床段差を設けてある住宅です。

3階建て在来軸組工法

斜めフレームとRC造防護壁付き住宅。

3階建て在来軸組工法

外壁斜めフレームの住宅です。建物中央部に階段室が有り床の剛性を確保するために床剛性の詳細設計を行い確保する。

2階建て金物工法

外壁面斜めフレーム壁と2階床半分が吹き抜けとなる構造計画となり、建物構造計算は、立体解析を用いて床の吹き抜けの剛性を考慮した設計です。

保育施設-1

2階建て在来軸組工法、中央部に吹き抜けが有り梁スパーンが長い建物です。

保育施設-2

2階建て在来軸組工法、2階部分が平面的にくびれを有する建物でゾーニングによる構造検討が必要な建物です。また、2階右側部分は遊戯室として使用するため勾配天井とし広く室内空間を確保した建物計画です。

4階建て在来軸組工法-1

狭小敷地への共同住宅を計画された例です。工費、施工期間の節約と短縮を目的とし採用基礎工法が非木造建物よりも軽微な工法で済みました。

動画36.mp4

4階建て在来軸組工法-2

建物平面的に台形を成した店舗・宿泊施設を備えた建物で、工事費、施工期間の節約と短縮を目的とし基礎採用工法は軽微な工法を採用しました。構造解析は立体解析を採用いたしました。

Copyright(C)一級建築士事務所 酒井構造設計. All Rights Reserved.